オリンピック関連銘柄を探せ!

Noサムネイル」

大きなイベントではかなりの株価の動きが出て来る銘柄があります。

その一つとして今後期待できるのはオリンピックです。国を挙げてのイベントですから、それに連動するような形で値上がりが期待できる業界があります。

株式投資というのはこのようなことを意識して取引をするようにすると上手くいく可能性が高くなります。

では、オリンピックが開催されることによってどこが値上がりしそうな要因があるのか、というのを説明しましょう。

オリンピックというイベント

どんなイベントであれ、国際的なことであれば実はそれなりに株価に影響があります。

それに関係しているところは軒並み、少なからず上昇することでしょう。では、オリンピックではどうなのか、といいますとそれはそもそもオリンピックがどんなイベントであるのかを知るとと自ずとわかることになります。

まず、建設系は鉄板でしょう。

大規模な道路の敷設、イベント会場の設置、或いはスタジアムを作ることもあるのです。これだけで大きく業界の売上に貢献してくれることがわかることでしょう。

ホテル業界なども儲かる

外国人客も期待できますし、国内からもオリンピックがある地域に人が多く集まってくることになります。

そのためには泊まるところが必要になりますから、ホテル関係も十分に期待できる銘柄であるといえるでしょう。

警備業も実は狙い目

そもそも警備業は前回の東京オリンピックの時に人が大動員されたことがあり、それで一気に隆盛したことがある業界であり、警察のみでは殆ど警備なんて不可能なので多くの警備員が動員されることがほぼ確定済みであるからです。

飲食関係も期待できます

何しろ、人がいれば食事をすることになるのです。食事が必要になりますから、それに関連するところも売上アップが期待できます。

このような銘柄が売上が上がる可能性があり、そして、それは株価の上昇に繋がることになります。いくつもあるわけですが、筆頭といえるのは間違いなく建設関係でしょう。そもそも今現在、相当に織り込み済みともいえるような状態でもあります。

売上が騰がる銘柄を狙う 

究極的なことをいいますと要するにオリンピックによって売上が騰がるところが狙う銘柄といえるわけです。

ですから、建設関係がその筆頭であり、或いはホテル宿泊関係などになるわけです。但し、ここで注意しないといけないのがその業界であればどの銘柄でもよい、というわけではない点です。

重要になってくるのはキチンとオリンピック関係の仕事が受注できているのか、ということです。ホテル関係ではそこまでその手のことは気にしないでもよいのですが建設関係では特にそれがいえます。

オリンピックに関連する案件の受注をしていることが売上の圧倒的なアップに繋がることになります。そうした建設株が狙い目になります。

オリンピック銘柄でも下調べは重要

建設であったり、ホテル関係であったり、飲食なども開催期間には期待できることでしょう。要するにオリンピックが開催されることによって、売上が騰がると思われるところがオリンピック銘柄になります。

そうはいってもすべてにおいて例えば建設銘柄が該当するのか、といえばそうでもなく、キチンとオリンピック関係の仕事をゲットしているところがその筆頭となります。

狙うべきところはそうした銘柄である、といえるでしょう。オリンピックが開催される、まさにその時からではなく、数年前から徐々に騰がるのが普通になります。その点は履き違えないようにしたほうがよいでしょう。買いどきを考えることです。

オリンピック関連銘柄