IPO株の事を知りたいならこの記事を読めばとりあえずOK!

Noサムネイル」

株式投資を始めた方ならIPOにチャレンジしょうと思っているはずです。株式式投資で行うIPOというのは、株式公開株のことを差します。

今まで、上場していなかった会社が証券取引所に証券会社を通じて、上場することをいいます。

会社は上場により、新しい投資家が増えることにより、資金調達が増えることで投資家の間ではIPO株は上がると注目を浴びています。

今回はIPO とは何なのか簡単な解説から、IPO銘柄を選ぶ時の注意点、そして証券会社の選び方まで詳しく説明していきます。

IPO銘柄について

IPO株は、上場する会社の公募価格より、初値が高くなる抵抗があります。 仮に公募価格が30万円として初値が50万なら、IPO の利益は20万円になります。

IPO株を公募価格で買い、上場した日に売り注文を出すだけで利益がでるという仕組みです。そのため、上場前から名前が知れている会社の株はとても人気があります。ただし、IPO後に下がる株もあるので注意が必要です。

IPOは複数の証券会社に口座を持っていると有利

IPO株はどこの証券会社からでも買えると言う訳ではありません。

例えば上場する会社が新株を仮に1000株発行したとします。 その1000株をひとつの証券会社で独占するということはなく、証券会社ごとに新株を割り当てられるのです。

もちろん割り当てのない証券会社も出てきますから、複数の証券会社に口座を持っている方がIPO株をやる場合は有利といえます。

IPOは投資家には抽選になるため、上場する会社のIPO 株を割り当てられた証券会社の口座をすべてもっていれば当選の確立もあがります。

IPO株の当選確率を上げるためには

抽選方法ですが、大手の証券会社では、大口の投資家やお得意様に優先的に割り当てられる抵抗があります。

また、IPOの割り当てられる枚数が多い証券会社を主幹事と呼びますが、会社が上場するとき主幹事になることが多い大手の証券会社に口座を作っておくことをオススメします。

手数料の安いネット証券では、割り当てられるIPO株も少ないですがコンピューターによる完全抽選で当選者を決めていますから確立は平等に個人投資家にはあります。

IPO株の買い方

証券会社の口座からIPOの予定などの項目からすすむとIPOの仮条件の価格が1,000円?1,500円などと提示されています。

投資家がその仮条件の価格を見て、仮条件の範囲内で希望価格を入力した後に発行株式数より注文株式数が多ければ抽選となります。ここまでがIPOの流れです。

株式取引を始めるとひとつの証券会社の口座では、満足しなくなります。 IPO の銘柄を決める時も複数の証券会社に口座を開いた方が有利ですし、投資目的により口座を使い分けた方が便利です。 また、IPOの銘柄を買えなくても、人気のある会社の株は値動きも激しいのですし、出来高もありますから、上場後も利益が狙いやすいということもあります。

また、IPOで買えなかったとしても、様子を見た後に株価は適正価格に戻る傾向にあります。

とりあえず買っておけでは駄目

必ずIPO 後に上がるとアナリスト達が騒いでいた会社の株でも、下馬評とは反対に動くこともありますので、冷静な判断が必要です。

投資家の中には、IPOしか買わないと言った。個人投資家もいます。

確かに、それで利益を上げている個人投資家もいますから、それだけ魅力が有るのもIPO 銘柄です。

景気にも左右される

株価市場が活発で、景気も良いときは、IPO銘柄も上がる可能性が高いのも事実です。

違うタイミングで上場していれば上がったと言われた会社の株は、ひとつやふたつではありません。

ですから、必ず上がると言うことではないのでファンダメンタルズ分析も必要です。取り合えず、IPO 銘柄だとエントリーするのも避けてもらいたいです。 しかし、誰でも参加できるので株式投資をしているのならIPO に是非参加してください。

IPO銘柄,IPO株