株の信用取引をわかりやすく解説します

株の信用取引をわかりやすく解説します「サムネイル」

ながらくデフレ経済にあえいだ日本。成長のピークを過ぎた日本経済は、今後、多少のバブルはあっても停滞期が続いてます。もはや最盛期のような、全員一律の収入アップは望めないでしょう。さらに少子高齢化も進み、日本は超高齢社会に突入。老人は多いのに生産力は低下し、年金制度も見直されるなど、将来への不安が高まっています。若い人は今までの世代以上に、生活防衛のために資産を考える必要があります。 対策は2つ。支出を削っていくことと、収入を増やすこと。 支出を削るのも大事ですが、もともとの収入が少ないと限界がやってくるのです。我慢するばかりでは人生もつまらなくなります。そこで、収入を増やすことを考えてみましょう。そのためには、今よりも収入がいい仕事に就くか、あるいは仕事以外で何か収入を得る方法があります。仕事以外で収入を増やすほう方として株式投資の信用取引についてまとめてみました。

信用 取引 わかり やすく

まず、信用取引が株式市場で必要とされるか理由は知っていますか?市場参加者がこの制度を利用することにより、多くの株の売買、つまり需給が生まれます。市場における公正な価格形成されると思われているからです。手持ちの資金、保有株の範囲でしか取引ができず、買いからしか取引を始められない現物取引のみでは、需給の偏りにより流動性が不足し、わずかな売買だけで株価が大きく動く危険性もありますので、公正な価格形成には不十分な場合があります。小人数の考えで価格が形成されるより、多くの投資家の価値観が反映される市場の方が、より適正な価格を形成しやすい為に信用取引が必要なのです。

信用取引で気をつけたい「金利」と「貸株料」

信用取引(株式投資)を行う場合に注意したいのがその取引にかかるコストです。取引のコストは手数料を思い浮かべる方も多いかと思いますが、信用取引の場合は金利と貸株料に注意です。考えずに取引すれば膨大なコストを支払っていることもありえなくありません。今回は信用取引における取引コストを考えましょう。

信用取引の取引コストとは?

信用取引における取引のコストは売買手数料と金利、そして貸株料で分類されています。売買手数料というのは証券会社に対して支払う売買に対する委託手数料。一方の金利・貸株料は信用取引を行うときに証券会社から借りる株式や現金を借りるために支払う金利です。信用取引は普通の株取引とは違い投資のための資金や空売りのための「株券」を証券会社から借りて取引するのです。借りる以上はそれに対する対価を支払います。それが金利・貸株料になりま。。

信用取引は、リスクもリターンも大きい取引。このことを忘れずに売り方も買い方も一通り取引をしてみて自分に合ったトレードを見つけてみて下さいね

株,信用取引,わかりやすく