信用取引のやり方

信用取引のやり方「サムネイル」

信用取引をはじめる前に、これから信用取引をはじめる方へ向けて、信用取引についてわかりやすくご説明します。

信用取引

株式の取引は、証券会社などを通して、現金と株券の受け渡しで行われます。これに対し、信用取引は、証券会社などからお金や株券を借りて行う取引のことです。

信用取引を賢く利用する

少ない資金で、短期的に大きな利益を出すには信用取引が欠かせませんよね。デイトレードやスキャルピングなどの超短期売買であれば現物取引より手数料の安い信用取引を利用したトレードがお得です。

買い建て・売り建てについて

まず、信用取引で売買をする場合ですが、「買い」または「売り」のどちらかで売買がスタートしますよね。買いは信用取引で株を買うこと、売りは信用取引で株を空売りすることを指します。ここでは、売買のスタートである買い建てと売り建てのやり方について解説します。

信用取引の決済について

買い建て・売り建てをした玉(ポジション)については、このポジションを解消する事で決済されます。そしてその方法は大きく「反対売買」もしくは「現引き・現渡し」のどちらかの方法で決済されることになりますよね。

制度信用銘柄

制度信用銘柄とは、「お金だけを借りられる銘柄」のことを指します。信用買いはできるけど、信用売りができない銘柄です。

貸借銘柄

貸借銘柄とは、「お金と株券のどちらも借りられる銘柄」です。信用買いも信用売りもどちらもトレードできます。制度信用銘柄と貸借銘柄は、それぞれ取引所が選定を行っています。上場株券全てではありません。貸借銘柄では株券調達可能性や流動性を重視しているため、制度信用銘柄よりも選定する数値基準(株主数や株式数など)が高めに設定されているのです。

信用買いのリスクを抑える

信用取引はリスクもあります。大きなリターンが見込めるということは大きなリスクもあるということです。買う枚数や売買代金が多くなれば、株価が思惑と逆方向に動いた時に、それだけ大きな損失が発生します。ですので、限度枠まで全力で買うのはリスクが高いと言えます。資金の3倍までの取引が出来ますが、余力は残し無理ないトレードを心得ましょう。

信用取引,やり方